ウォーターサーバーとディスペンサーの比較

比較内容
ディスペンサー(当社製品)
ウォーターサーバー
機種の特徴
冷水&温水の他に常温水が出る。
お茶や、コーヒー等の飲料用以外に、常温水で料理の他、
加湿器・洗顔・アイロン・切花の水・・・等、
色々と利用できます。
ボトル詰めのため、限られた量なので、
ほとんどのサーバーは冷水と温水だけの機種が多い。
事務所や待合室等のサービス用に使用する事が多い。
水質について
本体内部に小型のRO浄水装置を内蔵し、水道水を直接浄水し、小型タンクに貯留する。
常に使った量だけ作るので、新鮮である。
各拠点の工場で、RO膜の業務用浄水装置で
水道水や地下水を浄水し、ボトリングする。
その後、契約者に配送される。
手間や使い勝手
について
水道直結で、常に本体の浄水装置で必要に応じて製造する。
ボトル交換の必要がない。
契約者の注文により、各拠点からボトル詰めで配送される。
ボトルの重さは10kg〜15kgと、女性のボトル交換は大変かも?
月の使用料と
コスト面について
冷水&温水の他、常温水も出るので料理をはじめ、
あらゆる分野(機種の特徴で説明)に 沢山使え、
いくら使っても使用量に関係なく、一定額である。
月7,560円(税込レンタル代)のみ!
(買取りの場合の計算は別途当社スタッフにお聞きください)
※メーカーにより価格差があります。
・サーバーレンタル代(月) 1,000円〜2,000円
・ボトル容量 10L〜15L入り
・ボトル価格(1本) 1,200円〜1,800円

[使用量の例]
週1本の使用量で月7,000円〜9,000円程度。

ボトル1本増える事に約1,500円程度増えていく。

ページトップへ